取扱説明書デザイン,取扱説明書の作成方法:株式会社コシダアート

 
ホーム > 取扱説明書デザイン

取扱説明書デザイン,取扱説明書の作成方法,書き方,基準:株式会社コシダアート,大阪のデザイン会社

取扱説明書の基本編集・デザイン制作・コンサルティング、
または、取扱説明書の制作に関わる各種サービスの提供。
取扱説明書のガイドライン普及と解説セミナーなどの促進。

取扱説明書デザイン制作の流れ

取扱説明書のデザイン制作、編集、評価、表記リスクアセスメント

コシダアートは、永年の実績や独自ノウハウと、行政機関との取り組みや製品安全・機械安全の標準化を通じて培った国際規格をベースに【精度の高い取扱説明書】を編集・制作します。
【精度の高い取扱説明書】は、顧客に安心感を与え顧客満足度が向上や、取引先や使用者の製品に対する理解促進が高まる効果があります。
ブランドロイヤリティが高まり、製品の販路開拓や事業活性につながる好事例があります。弊社は下記サービスを取り入れて取扱説明書の編集・デザイン制作、作成、評価を行います。

【主なサービス】

  • 取扱説明書の基本編集
  • 取扱説明書のデザイン制作
  • テクニカル文章チェックシステムによる評価・文章作成
  • 翻訳
  • テクニカルイラストレーション作成
  • 写真画像切り抜き
  • 取扱説明書の評価検証
  • 取扱説明書のDTPデータ自動生成出力連係機能開発

国際規格をふまえた取扱説明書の制作

各種ガイドラインを要約した取扱説明書ガイドライン

  • JIS B 9700:2013 (ISO12100)
  • JIS Z 8051 (ISO/IEC Guide 51)
  • IEC82079-1
  • SEMI S13-0305
  • ISO10377
  • ISO10393

■付属文書(特に、取扱説明書)作成のためのガイドライン: 中小製造者向け機械安全教育プログラム:(一社)日本機械工業連合会より

[詳細目次]
7.3.1 取扱説明書とは
7.3.2 取扱説明書の作成方法
7.3.3 取扱説明書の作成者
7.3.4 取扱説明書の構成
7.3.5 取扱説明書の編集内容
 7.3.5.1 重要事項説明
 7.3.5.2 製品説明
 7.3.5.3 指示・警告(安全上のご注意)指示文・命令文の書き方
 7.3.5.4 使用方法
 7.3.5.5 保守(お手入れ・保管方法)
 7.3.5.6 製品保証
 7.3.5.7 責任主体表示
 7.3.5.8 テキストのフォントサイズ及び図記号の高さ
 7.3.5.9 取扱説明書のデザインレイアウト見本
 7.3.5.10 安全データシート、その他の提供すべき情報

お問い合わせ

取扱説明書の安全対策で得られる効果

使用者の製品理解が促進することで、問い合わせや製品クレームが防げます。

取扱説明書は長期重要保管文書であり製品仕様書です。このコンテンツの出来具合で製品説明を適切に果たせたか、または誤使用による製品事故を未然に防げたかが決まります。 上図でお解りいただけるように、取扱説明書は「リスク管理」「PL対策」「製品事故予防」「コンプライアンス」と直接的に関係します。 取扱説明書の安全対策が整っていると矢印の[使用者側]では、製品の「お問い合わせ」「クレーム」の軽減につながり、「対応経費の削減」効果があります。そのことにより、使用者側には製品への「安心・安全」が醸成され、事業者に対して「信頼」が生まれます。 一方、矢印の[事業者側]では、使用者から勝ち得た「信頼」をもとにして「顧客満足度の向上」や、それによる「販路拡大」が見込めます。最終的には市民権を得た「製品ブランド」へと育っていき「優位的な営業活動」が展開できるようになります。 取扱説明書は単なる製品のマニュアルではなく、全社的にブランド効力をもたらす重要な情報媒体だと認識ください。

お問い合わせ

取扱説明書の作成基準と標準化について

取扱説明書に必須な【15の構成要件】と【表記標準項目〈約200項〉】で制作する

・JIS B 9700:2013 (ISO12100)
・JIS Z 8051 (ISO/IEC Guide 51)
・IEC82079-1
・SEMI S13-0305
・SO10377
・ISO10393
・取扱説明書作成のためのガイドライン:中小製造者向け機械安全教育プログラム
 発行元:(一社)日本機械工業連合会

弊社は上記ガイドラインをふまえた取扱説明書の作成基準を有しており、 取扱説明書に必要なタイトルなどで構成された〈15の構成要件〉で仕上ります。
さらに詳細に表記される内容を〈取扱説明書の表記標準項目約200項〉で編集し、製品の説明不足を防ぐことができます。

〈15の構成要件〉
1. 表紙
2. 重要事項説明
3. 商品説明
4. 各部の名称
5. 安全上のご注意
6. 使用方法
7. 定期点検
8. お手入れ・保管方法
9. 製品の廃棄
10. 故障かな?と思ったら(Q&A含む)
11. お問い合わせ窓口
12. 基本仕様
13. 消耗品
14. 製品保証
15. 責任主体表示

取扱説明書のデザイン制作・編集・安全対策

取扱説明書のデザイン制作、編集、評価、表記リスクアセスメント

弊社の、取扱説明書の制作ノウハウで標準化された編集基準に基づいて、経験豊富なデザイナーが製品の使用者に見やすく解り易いように、文字サイズやレイアウトに配慮し編集デザインします。

  • テクニカルイラストレーションは、製品と人との関係、もしくは製品とモノとの関係が理解できるように作成します。
  • テクニカルライティング(説明文章などコピー)を文章評価システムで検証します。使用者が理解し易い文章に仕上がっているかを「文章が長過ぎないか」「用言率」「接続詞率」「指示語率」「副詞率」「文末の統一感」のそれぞれで検証・評価・改善します。
  • 取扱説明書の制作を均一化するために「取扱説明書の開発プロセスフロー」を導入します。クライアント企業との進捗確認や導入時の説明に使用しています。
  • 製品の使用者が誰で、使用者にどのような特性を持ち合わせているか。また、過去にあった製品のクレームやヒヤリハット情報を確認・分析し、それらの評価内容をもとに取扱説明書の基本編集します。
  • 取扱説明書の制作後、各種エビデンス、レポート、制作資料は報告書にまとめ、クライアント企業と弊社間で共有化して管理します。
    また、報告書は製品の安全情報として社内の誰もが閲覧利用できるように管理されます。
お問い合わせ

取扱説明書の表記リスクアセスメント

取扱説明書の〈指示・警告〉文章作成と危険の洗い出しについて

製品の使用時に定められた「安全上のご注意」項目を経験豊富なリスクアセッサーが検証・評価・判断しレポーティングします。
表記リスクアセスメントの主な参考規格、基準は下記です。

  • ISO/IEC Guide51:2014[安全設計の基本概念]
  • 経済産業省「リスクアセスメントハンドブック」
  • 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)「消費生活用製品の誤使用事故防止 ハンドブック」

  • [手順]
    製品のデザインレビューにおいて使用者視点でのリスクの洗い出し(リスクの予見)
  • リスクアセッサーが、製品を扱ったり製品に付属する本体表示を確認してリスクを書き出します。
  • このとき、経済産業省が発行している「消費生活用製品向けリスクアセスメントのハンドブック」の内容に基づいた表記・表示のリスク検証を行います。
  • リスクアセッサーが製品毎のリスクキーワードを抽出して、NITEの製品事故データベースより過去にあった類似製品の事故を検索・チェックし、その重要度や適合性を調査してリストアップします。
  • リスクアセッサーが書き出したリスク情報と、製品事故データベースよりリストアップした項目を素にして、製品に適した注意事項を評価・設定し最終レポートにします。
  • この最終レポートの注意書きを、取扱説明書やパッケージ、本体表示のみならず、製品カタログやWebサイトなどへ、リスク項目を適正に表記します。
  • 上記のリスクアセスメント作業とレポートなどを報告書にまとめ、表記物の根拠資料(エビデンス)として管理します。

取扱説明書の適正性における評価検証・改善提案

〈構成要件評価〉〈表現評価〉〈製本評価〉〈文章評価〉〈製品安全情報評価〉

製品に添付している既存の取扱説明書の構成要件が満たされているか、または「使用方法」や「安全上のご注意」などの表記内容に過不足がないかなど、PL、規格、使用者視点を交えて評価します。取扱説明書の適正性における検証・評価の主な参考規格、基準は下記です。

  • ISO12100(JIS B 9700)[-機械類の安全性-について]
  • ISO/IEC Guide51:2014[安全設計の基本概念]
  • IEC82079-1:2012[使用説明の作成-構成]
  • 経済産業省「流通事業者マーチャンダイザー・バイヤー向け製品安全チェックリスト」
  • 「安全上のご注意」など、製品のPL情報を適正に表記されているか検証します。
  • 定量・定性的の側面から評価しバランスシートで見える化します。
    また、改善ポイントをプランニングします。

取扱説明書のWeb対応

ユーザーへの情報提供を促進するWeb設計とは

弊社では、取扱説明書のデザイン制作にあわせ「取扱説明書のWeb対応」を実践しています。 「取扱説明書のWeb対応」を施すことで、製品を探されているお客様との機会創出や販売促進につながります。 また、製品の使用者においては事業者や製品ブランドのロイヤリティが高まります。

  • 必要な時に閲覧でき、製品の使用時の疑問が解決できる
  • 製造・輸入事業者が構築した製品安全情報を、流通事業者、設置・修理事業者、消費者にも共有できるよう情報連携の最適化を設計します
  • 使用者による製品の定期点検、部品交換の作業が正しくできる
  • 「点検マニュアル」や「部品交換マニュアル」が適時閲覧できるよう、セーフティコミュニケーションのデザインを行う
  • 消費者の購入動機につながる
  • 消費者の誤購入を防ぐ

取扱説明書の編集・標準化システムの開発・提供

取扱説明書のデザイン制作自動化と標準化によるコスト削減へ

弊社の長年の取扱説明書の制作ノウハウをベースに、ISOや各種ガイドラインを踏まえた、取扱説明書の表記項目[約200項目]を標準化し、編集システムを開発・提供しています。

  • 企業内部で取扱説明書を制作する際に、制作担当者のスキル(編集技術)に依存しすぎることで品質がバラバラになってしまう課題があります。この属人的要素を排除し、取扱説明書の標準化システムを構築します。
  • 取扱説明書に制作に携わっている経験者の蓄積ノウハウを、当システムに充填することによって、若いスタッフや後継者に制作ノウハウをが引き継がれていく標準化システムの運用で、取扱説明情報の品質をマネジメントできます。
  • 製品に付随する設計図書データや、エビデンス(根拠資料)、MSDS、各種試験機関が発行した証明書や成績書を製品ごとに登録管理でき、社内の製品安全情報を一元化できます。
  • 製造事業者と販売事業者の両者間で、製品安全情報の連携が行えます。そして販売時における製品の説明責任が全うでき、製品リコールの際にも緊急対応できるようになります。

委員活動

弊社の取扱説明書ノウハウを行政機関と連携して、基準づくりや標準化を推進しています。

2014 〜 2017 (一社)日本機械工業連合会
平成26年度、平成27年度、平成28年度
中小製造業向け機械安全教育プログラムの開発部会 委員

平成28年度 中小製造者向け機械安全教育プログラムの開発に関する報告書

平成27年度 中小製造者向け機械安全教育プログラムの開発に関する報告書

平成26年度 中小製造業向け機械安全教育プログラムの開発に関する報告書

2016 〜 2017 経済産業省 平成28年度 商取引適正化・製品安全に係る事業
(事業者における製品安全人材の育成推進等)
効果的なリコール手法に関する検討WG メンバー
2015 〜 2016 経済産業省 平成27年度 商取引適正化・製品安全に係る事業
(消費生活用製品におけるリコールハンドブック策定等調査事業)
効果的なリコール手法に関する検討WG メンバー
2014 〜 2015 経済産業省 平成26年度 商取引適正化・製品安全に係る事業
(流通事業者における製品安全への取組に関する調査研究)
バイヤー向け製品安全テキスト策定WG 委員

流通事業者等のマーチャンダイザー・バイヤー向け製品安全チェックリスト
〈PDFダウンロード〉

お問い合わせ