製品安全デザイン,取扱説明書デザイン,webデザイン,ブランディング,ブランド戦略:株式会社コシダアート,大阪のデザイン会社

 
ホーム > 取扱説明書デザイン > 取扱説明書のデザイン制作サービス

取扱説明書のデザイン制作サービス【表記の安全対策】

取扱説明書標準化で高品質・スピーディに仕上げ、安全対策を監修します。

永年の実績と国際規格をベースに、行政機関との取り組みや製品安全・機械安全の標準化を通じて培った独自ノウハウにより【精度の高い取扱説明書】をデザイン制作します。

【精度の高い取扱説明書】は、顧客に安心感を与え顧客満足度の向上や、取引先や使用者の製品に対する理解促進が高まる効果があります。

製品やブランドロイヤリティが高まり、製品の販路開拓や事業活性につながる好事例もあります。

■取扱説明書制作の主なサービス
(1)取扱説明書の構成・編集
(2)取扱説明書のデザイン制作
(3)テクニカル文章の作成
(4)イラストレーション作成
(5)翻訳

※対象製品は消費財・各種製品で実績多数
※対象クライアントはNB製品メーカー・PB製品事業者

お問い合わせ

国内・海外でも対応! 国際規格をふまえた取扱説明書の標準化へ!

弊社は、(一社)日本機械工業連合会が主催する中小製造業向け機械安全教育プログラムの開発部会に委員として参画し、 主に第7章ユーザーへの情報提供〈7.3 付属文書(特に、取扱説明書)作成のためのガイド〉の執筆を担当しました。
その際参考しました下記の国内・国際規格をふまえて取扱説明書を制作します。

【参考規格】
・JIS B 9700:2013 (ISO12100)
・JIS Z 8051 (ISO/IEC Guide 51)
・IEC82079-1
・SEMI S13-0305
・中小製造者向け機械安全教育プログラム:
 (一社)日本機械工業連合会発行
・流通事業者マーチャンダイザー・
 バイヤー向け製品安全チェックリスト:
 経済産業省発行

■取扱説明書の標準化で安全対策
○取扱説明書に必須な15の構成要件が満たされていること。
○取扱説明書の表記項目〈約200項〉で編集し、製品の説明不足を防ぐこと。
○製品のリスクを適度で十分な範囲内の注意書きで伝えること。

■取扱説明書の抜け漏れ防止【15タイトル】
取扱説明書の〈15タイトル〉の構成要件を取り入れ、取扱説明書の標準項目〈約200項〉に沿って表記内容を制作する。
表紙 / 重要事項説明 / 商品説明 / 各部の名称 / 安全上のご注意 / 使用方法 / 定期点検 / お手入れ・保管方法 / 製品の廃棄 / 故障かな?と思ったら(Q&A含む)/ お問い合わせ窓口 / 基本仕様 / 消耗品 / 製品保証 / 責任主体表示

お問い合わせ

企業様と二人三脚で取扱説明書の最適化を行います。

弊社は取扱説明書の制作基準が標準化されており、構成要件の取りまとめがスピーディに進められます。
一方、取扱説明書の表記内容は製品の使用者視点で編集され、企業様と合意形成をとりながら制作を進めます。 レイアウトデザインは経験豊富なデザイナーが解り易く見やすく仕上げます。

● 取扱説明書の制作を均一化するために「取扱説明書の開発プロセスフロー」を導入します。
● 製品の使用者が誰で、使用者にどのような特性を持ち合わせているか仮説検証します。
● テクニカルイラストレーションは、製品と人とモノとの関係が理解できるように作成します。
● 取扱説明書の説明文章などを文章チェックシステムで検証します。
● 使用者が理解し易い文章に仕上がっているかを「文章が長過ぎないか」「用言率」「接続詞率」「指示語率」「副詞率」「文末の統一感」のそれぞれで検証・評価・改善します。
● 文字サイズやレイアウトなど見やすさに配慮してデザインします。
● 取扱説明書の制作後、各種エビデンス、レポート、制作資料などは報告書にまとめ、クライアント企業と弊社間で共有化して管理します。
● 報告書は製品安全情報として社内の関係者が閲覧利用できるように管理されます。

お問い合わせ

取扱説明書のデザイン制作サービスの概要

名称:取扱説明書のデザイン制作サービス
価格:製品特性やページ数によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。
納期:約3ヶ月〜
対象:産業用機械、食品機械、機械要素・部品、産業用電気機器、測定機器、民生用電気機器、
   ロボット、IT・情報通信、医療機器、建材・資材・什器、その他製造物





各種デザインの導入・支援サービスに
関するお問い合わせ


詳しい内容のお問い合わせ、
お見積書のご依頼は下記まで
株式会社コシダアート  担当:正木まで
受付窓口:TEL.06-6643-5070
受付時間:平日10時〜18時 


お問い合わせはこちら

取扱説明書デザイン・サービスメニュー