取扱説明書デザイン,取扱説明書の作成方法:株式会社コシダアート

 
ホーム > 製品安全デザイン > 製品の要件定義書の作成支援サービス

製品の要件定義書の作成支援サービス

製品のポジショニングを明確化し、より強く際立つ魅力的な製品コンセプトを抽出する!

開発製品の要件定義書の作成を支援するサービスです。
開発する製品の市場環境/使用方法/使用者などを定義します。

●製品の仕様/効果効能/購入者/使用者/販売者 のそれぞれの関わり方をシナリオに仕立て仮説提示します

→製品を誰が、どこで、どのように使い、
 どのような効果効能を発揮するのか

→製品を誰が、何時、何処で(どのチャネルで)、
 誰に販売し、誰が購入して使用するのか

●仮説提示からリスクを見積もります。

●既製品か新規製品かによって生じるリスクの増減を検証します
●開発から販売に至るまでの各開発プロセスにおいて、製品コンセプトや基本仕様が組織間都合で変更されないために製品の要件を定義します

お問い合わせ

様々な要件項目から製品の魅力を引き出し定義書を作成します。

【主な要件項目】
Target/Concept/Copyright/Benefit/
Intended use/Market(Channel)/
Point of difference/Design Image/
Spec(specification)/Risk(assessment)/
Positioning/Situation/Strategy/
Function/Brand/...
上記項目に沿って製品の要件定義書を作成します。

■ 関連サービスについて
● 誤購入・誤使用の恐れを指摘する
● 要件定義書作成とチェックバックを1回行う
● オリエンテーション/ワークショップ
● 製品リスク、事業リスクの洗い出しと助言
● 表記・表示物のデザイン/検証サービス

※対象製品は各種製品・消費財など実績多数
※対象クライアントは製品メーカー・PB製品事業者
※詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

製品の要件定義書の作成支援サービスの概要

名称:製品の要件定義書の作成支援サービス
価格:製品特性によって価格が変動します。お気軽にお問い合わせください。
価格帯:約15万円〜30万円
納期:約1ヶ月
対象:民生用電気機器、産業用機械、産業用電気機器、測定機器、IT・情報通信機器、医療機器、建材・資材・什器、その他製造物

お問い合わせ
製品安全デザイン・サービスメニュー